地元の役に立つ仕事

私たちは確かな空間情報技術で地域社会の輝く未来を創造します

齋藤直輝 2020年入社 (2年目)

Interview1 入社のきっかけは?

高校の授業の一環で田んぼアートの測量実習があり、指南役が仙南測量設計の皆さんでした。田んぼアートは、私の地元である角田市でも行われています。ですので、この会社にに入れば、自分も地元の役に立つことができると思い、そこから測量に興味を持ちました。

Interview2 仙南測量設計の魅力は?

少人数の会社であるということです。みんなでコミュニケーションをとりながら仕事に望んでいます。

Interview3 仕事のやりがいは?

地域の人が利用する道路や建物を測量することで多くの人の役に立てることです。また、自分はまだまだ経験が足りないので、分からないことは先輩方にすぐに聞くようにしています。

Interview4 若いからこそ貢献できることは?

自分のような若手が成長していければ、会社が数十年先まで存続している可能性もあるかもしれません。

Interview5 今後のビジョンは?

2021年の4月には後輩が入社します。ですから、お手本となるような先輩になりたいです。また、今後、測量の専門学校に通うつもりでいます。将来的には、立派な測量士になりたいです。